*

「家主破綻」丸山輝 著 の感想と書評

本屋で「家主破綻」というタイトルが気になって手にしました。今までは、大家さんといえば金持ちで、何もしなくても家賃が入って、不動産屋が頭を下げて挨拶に来る、というイメージだと思いますが、現状では違ってきています。

大家さんでも家賃滞納者やモンスター入居者に悩まされていて、だんだんと楽な商売ではなくなってきました。ちょっと立ち読みしてみたら、そういった内容のエピソードが掲載されていたので、購入してみました。

スポンサーリンク

 

1.著者の紹介

著者はフォーシーズという「家賃保証会社」の社長です。元々、不動産が好きで不動産をいつかは所有したいという夢を持って、起業し、古物商を核として事業を展開しました。その後、事業を多角的に展開していくなかで、社会に「家賃保証会社」というものが必要だと思い、家賃保証業へ参入したそうです。

企業理念は「人が煩わしいと思うこと、やりたくないと思うこと。」を行うこと。

 

2.あらすじ

・序章  家主業が崩壊している

最初に、大家さん(家主業)の現状について説明しています。昔は大家といえば楽な商売でしたが、現状ではそんなこともなく、不動産業というものは、放っておいてお金が入ってくるものではなく、労働をする必要があるということを説いています。第1章 家主業を蝕む暗黒の正体

 

・第1章 家主業を蝕む暗黒の正体

第1章では家賃滞納者の問題についての説明をしています。家賃滞納者のという人たちの実態をタイプ別に分けて紹介しています。また、対処法についても説明しています。

家賃滞納者への実際の話しはおもしろく、不動産業界の人や大家さんなら「あるある」というネタが詰まっています。ここを読むと家賃滞納者と関わるのが嫌になってきますよ。

 

・第2章 家賃不払いを生む歪んだ信用ビジネス構造

第2章では日本の信用ビジネスの構造について説明しています。日本の住宅政策についてや、過払い金の返還請求についてなど、信用で成り立っていたビジネスのルールの歪みについてわかりやすく書かれています。

 

・第3章 家賃不払いの解決策

家賃滞納者への不払いの解決策についての説明をしています。家賃を滞納されたら簡単なことではなく、滞納者は法律に守られているので、手順を踏んで家賃の回収をしないといけません。家賃滞納で苦労しないために、賃借人保証システムというものを紹介してます。

 

・第4章 これからの家主業防衛策

現在、国土交通省が取り組んで法整備されていく現状と、今度の課題と賃借人保証ビジネスの将来について書かれています。

 

3.感想と書評

全体的にわかりやすいですが、ちょっと内容としては薄い感じがします。1200円はちょっと高いかな〜なんて。この本のおすすめは素人大家さんです。年季の入った大家さんや不動産業界の人なら常識的にわかっている…はず、の内容なので買わなくても良いかもしれません。

最初は、大家業の崩壊ということで、大家業の大変さ、クレーム対応など苦しいエピソードなどが書かれていて勉強になるかと思いましたが、基本的には家賃についての話と、最終的には賃借人保証業についての説明でした。作者がつけたかどうかわかりませんが、タイトルから想像する内容と最終的に伝えたいことがちょっとずれているので、ちょっと期待はずれでした。個人的には、最近はやりの「誰でも儲かるサラリーマン大家」系の本の逆説をいくような感じで、大家さんという仕事の儲からなさについて、突っ込んで書いてほしかったですが、後半は家賃保証についての話ばかりです。

家賃保証は確かに大切で、本の内容も良いと思いますが、タイトルから想像したものと違うとやはり落胆します。

ただ、先程も言ったように「素人大家さん」や「これから大家さんになりたい人」は必ず読んでしっておいた方が良い内容です。この本では、「不動産業は甘くない」ということを厳しい先生のように教えてくれます。不動産屋や銀行やアパート、マンションの建築業者などは夢のような話をしますが、やはり夢を見つつもちゃんとその夢は正しいのかどうか一度現実も知るべきです。この本を読んだ上で、まだ大家さんになりたい、もしくはがんばって物件を維持したいという人は、そのまま頑張れば良いと思いますし、そんな大変ならいいやとおもった人は、大家をすっぱりとあきらめ、家にある大家関連の本はすべてブックオフに持っていくべきだと思います。

この本に書かれている家賃滞納者の話は、そこまで特殊な話ではないです。実際に起こりうる話です。大家さんは楽して儲かると思っている人は、一度読むことを薦めます。

by カエレバ
SponserLink

関連記事

家賃催促には細心の注意を払って丁寧に

家賃催促には細心の注意を払って丁寧に

 普通に考えれば悪いのは大家さんではなく、家賃を滞納している人のはずで...

記事を読む

家賃滞納者はなぜ自分が完全に悪いのに偉そうなのか?

家賃滞納者はなぜ自分が完全に悪いのに偉そうなのか?

 大家さんの仕事で嫌なものの一つに「家賃の催促」があります。家賃滞納者...

記事を読む

家賃滞納されてドアロックしたら損害賠償を請求された話

家賃滞納されてドアロックしたら損害賠償を請求された話

大家さんって放っておけば家賃が入ってくる楽な商売だと思っている人が多い...

記事を読む

家賃滞納で人は豹変する、低姿勢な人ほど怖い

家賃滞納で人は豹変する、低姿勢な人ほど怖い

人間ってお金が絡むと人が変わる人がいるっていうことを良く聞くと思います...

記事を読む

新着記事

家賃保証はあてにならない!いますぐ契約書の確認を!

家賃保証はあてにならない!いますぐ契約書の確認を!

 最近、家賃保証を売りにしてアパートを建てる会社ががんばっているようで...

記事を読む

不動産広告の利回りだけ見ていると騙される

不動産広告の利回りだけ見ていると騙される

 不動産投資で物件を探すときに一番重要視するものの一つが「利回り」だと...

記事を読む

「無料不動産投資セミナー」で注意すること

「無料不動産投資セミナー」で注意すること

 不動産投資が一般的に認知され始め、サラリーマン大家さんなども誕生して...

記事を読む

不動産屋は中古ワンルームを売るときはやる気がない

不動産屋は中古ワンルームを売るときはやる気がない

 不動産投資に興味がある人にとって手軽に投資できるのが「ワンルームマン...

記事を読む

「タダでも要らないマンション」って本当にあるのか?

「タダでも要らないマンション」って本当にあるのか?

 先日、ヤフーニュースを見ていたら、ビジネスジャーナルからこんなニュー...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

*
家賃保証はあてにならない!いますぐ契約書の確認を!
家賃保証はあてにならない!いますぐ契約書の確認を!

 最近、家賃保証を売りにしてアパートを建てる会社ががんばっているようで...

不動産広告の利回りだけ見ていると騙される
不動産広告の利回りだけ見ていると騙される

 不動産投資で物件を探すときに一番重要視するものの一つが「利回り」だと...

「無料不動産投資セミナー」で注意すること
「無料不動産投資セミナー」で注意すること

 不動産投資が一般的に認知され始め、サラリーマン大家さんなども誕生して...

不動産屋は中古ワンルームを売るときはやる気がない
不動産屋は中古ワンルームを売るときはやる気がない

 不動産投資に興味がある人にとって手軽に投資できるのが「ワンルームマン...

「タダでも要らないマンション」って本当にあるのか?
「タダでも要らないマンション」って本当にあるのか?

 先日、ヤフーニュースを見ていたら、ビジネスジャーナルからこんなニュー...

→もっと見る

    PAGE TOP ↑