不動産屋が教える本当はつらい大家さんの悲しい現状の実話です。不動産投資の波に載せられてしまった大家さんたちの悲しい現状を綴っていきます。

本当はつらい不動産投資

エレベーター管理の話

エレベーターの保守点検費用が高いなら独立系業者に相談してみよう

更新日:

Eleve ta

 

 

エレベーターの管理ってどこにお願いしていますか?

 

基本的には「メーカー系列」の保守点検会社に依頼していると思います。日立のエレベーターなら日立ビルシステムだったり、マンションを建てたときにエレベーターを設置してそのままそのメーカーに依頼する人が多いでしょう。

 

しかし、メーカー系の保守点検会社は個人的にはオススメしません。

 

なぜなら、「値段が高い」からです。

 

 

 

・エレベーターの大手会社ってどこがある?

 

エレベーターの大手の会社ってそんなに多くはありません。

・日立

・東芝

・三菱電機

・シンドラーエレベーター

・日本オーチス

・フジテック

 

このへんが有名なエレベーター大手会社で、マンションやデパート、ショッピングセンターで見かけるエレベーターはだいたいこの6社のエレベーターが使われていると思います。

 

日立、三菱電機、東芝は総合メーカーなのでほとんどの人は知っているでしょう。

 

シンドラーエレベーターは事故が起きて社長がスイスから来て謝罪会見もしたので、知っている人も多いと思います。

 

日本オーチスやフジテックもたまに見かけます。

 

 

 

 

・なぜメーカー系の保守点検会社じゃだめなの?

 

メーカー系の保守点検会社はやっぱり値段が高いです。基本的には日立のエレベーターは日立で、東芝のエレベーターは東芝で、という形で自分たちが設置したエレベーターは自分たちの系列の会社が保守点検を請け負うのが当然でした。しかし、その当然という状況に安心して価格競争力がなくなってしまったのです。自分たちのエレベーターを他の会社が保守点検を請け負うことはほとんどなかったため、競争原理が働かず、保守点検費用が下がることがなかったのです。

 

そのため、長年大家さんは高い保守点検費用を払い続けていました。

 

昔は大家さんも大手に任せれば安心だし、細かい経費に文句を言うこともなかったのですが、最近は景気が悪く空室も多いため、エレベーター保守点検費用も細かくチェックする大家さんが多くなりました。

 

 

 

 

・ではどこにエレベーターの保守点検を頼んだら良い?

 

最近では「独立系」と言ってどこのメーカーの系列でもない保守点検業者が増えています。保守点検を依頼しているところもあるのですが、やはり大手メーカー系に比べると「安い」です。独立系の保守点検会社だと部品などの面で心配でしたが、ちゃんと正規の部品を調達してきてくれるので安心です。

 

普通は、自分たちで作ったエレベーターなら自分たちで保守点検した方がマニュアルなどもすべてそろっているため安いはずなのですが、なぜか独立系の方が安いです。

 

エレベーターの中の非常ボタンが電話回線につながっていないエレベーターで以前エレベーターが停止してしまったことがあって、そのエレベーターに保守点検会社の24時間対応の直通緊急連絡サービスをつけても大手メーカー系の保守点検より安いことがありました。

 

最近は、独立系の保守点検会社も増えて来ています。まずは、相談して見積もりをお願いしてみると良いと思います。

 

一度、独立系の業者の見積もりを教えたらメーカー系の人が保守点検費用を下げてくれたことがありました。だったら最初から安くしてくれればいいのに、と思ったのですがそれでも独立系の方が安かったときがありました。まずは、見積もりをもらうことです。そうすれば相見積もりとしてメーカー系のメンテナンス会社に金額を下げてもらうこともできます。

アドセンス336 280

アドセンス336 280

-エレベーター管理の話
-, , ,

Copyright© 本当はつらい不動産投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.