不動産屋が教える本当はつらい大家さんの悲しい現状の実話です。不動産投資の波に載せられてしまった大家さんたちの悲しい現状を綴っていきます。

本当はつらい不動産投資

建物、設備の点検の話 建物、設備の老朽化の話

エレベーターの検査は毎月しなければいけないのか?

更新日:

Eleve ta

 

エレベーターの定期点検、権利費って結構ばかにならない金額です。

 

毎月点検をしている人は毎月の固定料金がかかってくるので、空室の少ない大家さんにとっては結構厳しいものです。

 

せっかく良い利回りで不動産投資を始めたと思っても、毎月のエレベーターの管理費、点検費で収益が圧迫されているのはなんだか切ないですよね。

 

 

 

 

 

 

・実際にエレベーターの点検は毎月しないといけないのか?

 

では、毎月のエレベーターの点検は本当に必要なんでしょうか?

 

法律では年に一回の検査が設定されています。しかし、必ず毎月というわけではなく「所有者等は、昇降機の維持及び運行の安全を確保するため、使用頻度等に応じて専門技術者に、おおむね1月以内ごとに、点検その他必要な整備又は補修を行わせるものとする」という記述になっています。

 

使用頻度が少なく、新しいエレベーターは毎月の点検は必要ない場合があります。一度エレベーター点検業者に相談してみてください。

 

 

 

 

・エレベーターの点検はどんなことをするの?

 

エレベーターの保守点検では、エレベーターが常に安全に運行できるように異常がないか専門の資格を持った人たちによって点検されています。

 

点検の内容の例としては、

・ロープの点検

・清掃作業

・エレベーターの表示の点検

・潤滑油の補充

・滑車の痛み具合

・ロープの摩耗

 

などエレベーターに危険がないか調べて、危険があれば事前に補修工事をしたりします。

 

そして、年に一回は法定点検と言って法律で決まった内容の点検をし、検査が無事に終了して何事もなければ終了シールをもらえます。

 

普通は、法定点検で何もないのが普通なので、エレベーターの中などに検査に合格した旨のシールが貼ってあるところも多いでしょう。

 

大きな物件になればエレベーターの点検は必須になり、必ず発生する経費なので頭にいれておいた方が良いです。

アドセンス336 280

アドセンス336 280

-建物、設備の点検の話, 建物、設備の老朽化の話
-, ,

Copyright© 本当はつらい不動産投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.