不動産屋が教える本当はつらい大家さんの悲しい現状の実話です。不動産投資の波に載せられてしまった大家さんたちの悲しい現状を綴っていきます。

本当はつらい不動産投資

家賃滞納の話

家賃滞納者はなぜ自分が完全に悪いのに偉そうなのか?

投稿日:

A0002 008084

 大家さんの仕事で嫌なものの一つに「家賃の催促」があります。家賃滞納者に連絡したり、ときには訪問したりして、未払の家賃を払ってもらいます。

 基本的には低姿勢な人が多いのですが、中には偉そうな態度でどちらが迷惑をかけているのかわからなくなるような感じで怒鳴ってくる人もいるので、イヤになります。

 

◆最初はだいたい低姿勢

 どんな家賃滞納者もだいたい最初は低姿勢です。電話をしてまだ家賃が振り込まれていないことを伝えると「すいません」という言葉とともに「忘れていました」とか「すぐに振り込みます」というのが普通の反応です。大抵は本当に忘れていたのか、すぐに振り込んでくれるので楽なのですが、中にはそれでも振り込んでくれない神経の太い人がいます。

 本当にすぐに忘れてしまっているだけの人なら良いのですが、だいたいはお金がなくて払えない人です。更に催促をしていると払ってくれるのですが、支払いが1週間遅れ、2週間遅れ、とだんだん遅れていき、最終的には1ヶ月、2ヶ月と遅れるようになります。

 

◆だんだんと偉そうな態度に

 こちらも家賃を払ってもらうという契約で部屋を貸しているので、お互い約束を守るのは当然だと思うのですが、こういった方の中にはなぜかだんだんと偉そうになってくる人がいます。

 まず電話に出なくなります。こちらの電話番号が表示されているので、なんの要件かわかると思うのですが、わざと出なくなります。何回かけ直しても無視です。

 仕方がないので、今度は家に行くのですが、それも無視することが多いです。ピンポンしても無視。明らかに居留守のときがあります。こちらもヒマではないので、わざわざ時間をかけて来た以上何かしらの成果をあげないと無駄になってしまうので、何度もピンポンを押すとやっと出てきます。

 だいたい相手は、不機嫌です。

 完全に向こうの方が悪いのになぜか不機嫌です。だいたいインターホンで暗い声で「はい」と言い、要件を伝えると玄関に出てきて、偉そうに払えないといいます。

 こちらは払えないなら出て行ってもらうしかないということと、今後払うつもりがあるのなら計画を教えて欲しいと言ってもだいたいこういう人は今後の計画も立てられず、かといって行動もできないので、「払えないって言ってるだろ」という不毛な会話をするだけです。

 こちらは「家賃を払うから部屋を貸す」という約束を破られて、電話したら電話も出ず、家に訪問しても無視されるという不当な扱いを受けているのに、さらに偉そうな態度。。。

 理解できないです。

 

◆貸し手は信頼して貸してくれたから味方のはず

 部屋を貸すときには「審査」というものがあります。法律で部屋の借り手はかなり守られているので、変な人を入れないように審査をしてから部屋を貸すのですが、審査を通すときには「この人なら大丈夫」ということで相手を信頼して部屋を貸します。大切な資産を貸すので担保として敷金を預かるのですが、最近は敷金0円という物件も少なくありません。つまり、「あなたのことを信頼して担保なしで大切な資産を貸します」と言っているのです。

 大家さんはこの時点で、自分の大切なものを担保無しで貸してくれる「味方」のはずなのですが、なぜか味方に向かって、しかも約束である家賃の支払いをしていなく、連絡も無視して、さらに偉そうな態度をとる人がいます。

 大家さんとはこういうこともある商売です。それでも世間的になぜか悪者にされたりします。

 もちろん最終的には払えないなら出て行ってもらうのですが、やっぱりこういうときはものすごく後味悪いですね。金銭的、時間的損害もありますし。

アドセンス336 280

アドセンス336 280

-家賃滞納の話
-, ,

Copyright© 本当はつらい不動産投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.